0円リノベFREE 0円リノベFREE

「0円リノベ FREE」は空き家対策の一つとして不動産オーナー様の大切な
資産を再生し、安定的な活用をサポートするリノベーションサービスです。

無料相談窓口 0120-541-213 年中無休 10:00~18:00
お問い合わせ ご依頼事項はお気軽に

「0円リノベ FREE」は空き家対策の一つとして不動産オーナー様の大切な資産を再生し、安定的な活用をサポートするリノベーションサービスです。

空き家で困ることVACANT HOUSE

こんなにある空き家のデメリット

解体すると新たに建築できない?

固定資産税が上がるくらいだったら建物を解体して更地にした方が周辺環境の悪化も避けられるし、将来的な売却を考えた場合に高く売れるのでは、と思うかもしれません。しかし立地や建物の状態によっては思わぬ落とし穴があります。

1. 同じ規模の建物が建てられない

住宅が立ち並んでいるような地域だと、一定のエリア毎に建ぺい率と容積率が定められています。

  • 建ぺい率
    敷地の面積に対する建物の建築面積(簡単に言うと、真上から見た時の建物の面積を建築面積と言います)の割合。例えば建ぺい率60%の地域であれば、100坪の敷地に対して60坪までの建築面積が認められます。
  • 容積率
    敷地の面積に対する延床面積(簡単に言うと、建物各階の面積の合計です)の割合。例えば容積率200%の地域であれば100坪の敷地に対して200坪までの建物を建築できます。
  • 古い建物になると、長年使用している中で増築等を行っているケース(例えば、庭の一部に部屋や物置を増築したなど)が多く、現行の法律では建ぺい率超過、容積率超過となってしまっている事例が数多くあります。こういった場合、新たに建物を建てようとすると現行と同規模の建物は建てられず、超過の度合いに応じて建物を縮小する必要が出てきます。

2. 建物自体の再建築ができない

建築基準法では敷地が道路に面していない(接道していない)か、接道部分が2m未満だった場合、原則として建物は建てられません。

※道路の種類によっては、敷地からセットバック(後退)すると建築可能な場合があります。

空き家が放置される原因の一つとして「再建築不可」があります。一旦解体してしまうと2度と建物が建てられなくなってしまうため、土地の利用方法が極端に限られてしまうからです。そんな「再建築不可」の物件であっても、リフォームすることは可能です。リフォームして賃貸する、もしくは自ら長く使い続ける事が最善の有効活用ではないでしょうか。